コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はんや舞 はんやまい

世界大百科事典 第2版の解説

はんやまい【はんや舞】

民俗芸能。反哉舞とも書く。〈はんや舞風流(ふりゆう)〉ともいう。福岡県八女(やめ)郡星野村麻生神社の9月18日の祭りに演じられる。まず社前土壇の上に音頭をとる若者2人が裃姿で現れる。次にしんぼう(新発意)が風流一団をさし招くと,赭熊(しやぐま)をかぶり太刀を背負った白熊(はぐま)が羯鼓(かつこ)(むらじと呼ぶ稚児),鉦(かね)(ちんかんと呼ぶ稚児)たちと楽器を打ちながら勇壮に踊る。その後,裃姿で扇を手にした若者20人ほどが2列に向かい合ってゆるやかに舞う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

はんや舞の関連キーワード民俗芸能

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android