コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はんや舞 はんやまい

1件 の用語解説(はんや舞の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はんやまい【はんや舞】

民俗芸能。反哉舞とも書く。〈はんや舞風流(ふりゆう)〉ともいう。福岡県八女(やめ)郡星野村麻生神社の9月18日の祭りに演じられる。まず社前の土壇の上に音頭をとる若者2人が裃姿で現れる。次にしんぼう(新発意)が風流の一団をさし招くと,赭熊(しやぐま)をかぶり太刀を背負った白熊(はぐま)が羯鼓(かつこ)(むらじと呼ぶ稚児),鉦(かね)(ちんかんと呼ぶ稚児)たちと楽器を打ちながら勇壮に踊る。その後,裃姿で扇を手にした若者20人ほどが2列に向かい合ってゆるやかに舞う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

はんや舞の関連キーワード駒踊風流民俗芸能女舞羯鼓踊郷土芸能古典芸能砂切浮立本田安次

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone