ひずみ集中帯(読み)ひずみしゅうちゅうたい

知恵蔵miniの解説

ひずみ集中帯

日本列島で地殻のひずみが特にたまりやすいと推測される帯状の領域で、北海道西部から北陸地方にかけての「日本海東縁ひずみ集中帯」と、北陸地方から近畿地方にかけての「新潟-神戸ひずみ集中帯」の2つが存在する。活断層や活褶曲(かつしゅうきょく)などの活構造が多く存在し、地震が発生する原因となっている。1995年の阪神・淡路大震災、2004年の新潟県中越沖地震、14年の長野県北部地震、18年6月の大阪府北部地震などが新潟-神戸ひずみ集中帯で発生した。

(2018-6-21)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひずみ集中帯の関連情報