コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟県中越沖地震 にいがたけんちゅうえつおきじしん

3件 の用語解説(新潟県中越沖地震の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新潟県中越沖地震
にいがたけんちゅうえつおきじしん

2007年7月16日午前10時13分頃,新潟県柏崎市の沖約 10kmで発生したマグニチュードM)6.8の地震。気象庁による正式名称は「平成19年(2007年)新潟県中越沖地震」。震源は北緯 37°33.4′,東経 138°36.5′,深さ 17km。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

新潟県中越沖地震

2007年7月16日午前10時13分ごろ、新潟県上中越地方の沿岸海域でマグニチュード(M)6.8の浅い地殻内地震が発生した。この07年新潟県中越沖地震は、震源域に原子力発電所がある世界で初めての例となった。最大の計測震度は6強(新潟県柏崎市・刈羽村・長岡市、長野県飯綱町)、日本海沿岸で最大35 cm(柏崎)の津波を観測した。04年新潟県中越地震からわずか3年で、再び隣接した地域に被害地震が発生したことは、この地域が日本海東縁ひずみ集中帯や新潟-神戸ひずみ集中帯に属していることから理解されている。ただし、04年のような活発な余震活動はなかった。震源メカニズムは北西-南東圧縮の逆断層型(モーメントマグニチュード〈MW〉6.6前後)であるが、それを構成する2つの共役な断層面のうち、どちらが震源断層面かについては6カ月に及ぶ論争となった。その後、海底地震計データを加えて再決定した余震分布、強震動データ解析によるアスペリティー分布などが決め手となって、2008年1月の地震調査委員会において「大局的には南東傾斜面」で一応の決着をみた。大きな被害はほぼ新潟県内に限られ死者15人、負傷者2345人、住家全壊1319棟、半壊5621棟(07年12月28日現在・消防庁まとめ)、地盤変状や液状化などによる被害も目立った。

(纐纈一起 東京大学地震研究所教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にいがたけんちゅうえつおき‐じしん〔にひがたケンチュウヱツおきヂシン〕【新潟県中越沖地震】

平成19年(2007)7月16日、新潟県上中越沖を震源として発生したマグニチュード6.8の逆断層型地殻内地震。新潟県3市村と長野県1町で最大震度6強を観測。柏崎刈羽原子力発電所も被害にあった。死者15人、負傷者2000人をこえる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新潟県中越沖地震の関連キーワード五夜JR下関駅放火事件下関駅放火事件川端商店街の火災東北空襲福岡県の女性3人連続殺害事件名古屋刑務所の革手錠事件ミス・ビードル号北但大震災淡路島地震

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新潟県中越沖地震の関連情報