コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぴちゃぴちゃ ピチャピチャ

デジタル大辞泉の解説

ぴちゃ‐ぴちゃ

[副]
水と物とが当たって立てる小さな音や、そのさまを表す語。「波がぴちゃぴちゃ(と)打ち寄せる」
平手で続けて軽く打つ音や、そのさまを表す語。「顔をぴちゃぴちゃ(と)たたく」
飲み食いするときに舌で立てる音や、そのさまを表す語。「犬がぴちゃぴちゃ(と)水を飲む」
[形動]水分などがしみわたっているさま。
「桃割れ髪が油で―にぬれたように」〈康成・温泉宿〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぴちゃぴちゃ

[2][1] ( 副 )
水などが軽くはねかえる音を表す語。 「浅瀬で魚が-(と)はねる」 「波が-(と)舟べりをうつ」
平手で続けざまにたたく音を表す語。 「お尻を-(と)たたく」
飲んだり食べたりするときに出る舌の音を表す語。 「犬が-(と)ミルクをなめる」
[0] ( 形動 )
水分がしみわたっているさま。 「 -に濡れた布」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ぴちゃぴちゃの関連キーワードぺちゃぺちゃ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぴちゃぴちゃの関連情報