コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぴちゃぴちゃ ピチャピチャ

デジタル大辞泉の解説

ぴちゃ‐ぴちゃ

[副]
水と物とが当たって立てる小さな音や、そのさまを表す語。「波がぴちゃぴちゃ(と)打ち寄せる」
平手で続けて軽く打つ音や、そのさまを表す語。「顔をぴちゃぴちゃ(と)たたく」
飲み食いするときに舌で立てる音や、そのさまを表す語。「犬がぴちゃぴちゃ(と)水を飲む」
[形動]水分などがしみわたっているさま。
「桃割れ髪が油で―にぬれたように」〈康成・温泉宿〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぴちゃぴちゃ

[2][1] ( 副 )
水などが軽くはねかえる音を表す語。 「浅瀬で魚が-(と)はねる」 「波が-(と)舟べりをうつ」
平手で続けざまにたたく音を表す語。 「お尻を-(と)たたく」
飲んだり食べたりするときに出る舌の音を表す語。 「犬が-(と)ミルクをなめる」
[0] ( 形動 )
水分がしみわたっているさま。 「 -に濡れた布」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぴちゃぴちゃの関連キーワードぺちゃぺちゃ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぴちゃぴちゃの関連情報