ふける

大辞林 第三版の解説

ふける

( 動四 )
逃げる。姿をくらます。 「俺が町内を-・つてしもうたは、皆俺が魂胆/歌舞伎・韓人漢文」

ふける

( 動下一 )
逃げだす。脱けだす。姿をくらます。 「授業を-・ける」 「居られねへから其場を-・け/塩原多助一代記 円朝
花札で、二〇点以下の得点で終了する。 → ふけ
釣りで、風や流れなどのために、糸がたるむ。
憤慨する。むくれる。 「武左大ふけに-・けて、目ばかりぱち〱している/洒落本・自惚鏡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふけ・る

[動ラ四]逃げる。
「侍は―・った、―・った」〈浄・浪花鑑

ふ・ける

[動カ下一]
逃げる。姿を隠す。「やつめ、―・けやがった」
花札で、「ふけ」で終了する。「親が―・ける」
退屈する。
「武左、大ふけに―・けてあくびをする」〈洒・寸南破良意

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ふけるの関連情報