コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あくび yawn

翻訳|yawn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

あくび
yawn

口を大きく開いて長く行う深呼吸で,背をそらしたり,両腕を上げたり,体幹四肢ばす動作が加わることが多い。疲労したり倦怠感のあるときに起り,通常,涙の分泌を伴う。この動作は大脳皮質を刺激し,一時的に意識をはっきりさせる働きをする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

あくび

眠いときや退屈したときにおこる無意識の開口動作。低酸素や二酸化炭素の蓄積によっても起こる。ふつう深い吸気を伴う。上下の顎の骨の間の咬筋(こうきん)が引き伸ばされ,その中の筋紡錘から大脳へ意識をはっきりさせる刺激が送られると考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あくび
あくび / 欠伸

不随意におこる一種の呼吸運動。口を大きくあけ、長くて深い吸息のあとにゆっくり息を吐く。同時に手足や背中を強く伸ばす場合が多い。乳幼児でもみられるが、大人では眠いとき、退屈したときなどによくおこる。また、低血圧の人におこりやすい。あくび発生の神経機構としては、急に息を吸うために肺が膨張し、肺迷走神経の末端にあるイリタント(刺激)受容器が刺激され、さらに強い吸息を引き起こすのではないかといわれている。あくびのもつ意義としては、深い吸息によって胸腔(きょうくう)内の圧力が低下するために、心臓に戻る血液の流れがよくなり、あわせて手足の血管の収縮がおこることがあげられる。また、肺胞のつぶれるのを防いで、肺におけるガス交換を保つ効用もあるとされる。[本田良行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

あくびの関連キーワードエレナ オドリオゾーラ噛み交ぜる・嚙み交ぜる噛み殺す・嚙み殺す噛み潰す・嚙み潰す欠伸を噛み殺すあくび(欠伸)しょうことなし見習い・見習欠をかみ殺す生欠・生欠伸つっころばし日柄・日次鬱結・欝結あくび指南まんしょう勿体らしい注意障害壬生念仏下顎脱臼乗物酔い

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あくびの関連情報