ふるさと納税制度(読み)フルサトノウゼイセイド

デジタル大辞泉「ふるさと納税制度」の解説

ふるさとのうぜい‐せいど〔ふるさとナフゼイ‐〕【ふるさと納税制度】

納税者が自分で選んだ自治体に寄付した場合に、所定の自己負担額を除く全額所得税および住民税から控除される制度。平成20年度(2008)から導入。
[補説]生まれ故郷に限らず、任意の都道府県市区町村に対して行うことができる。自治体の数に制限はないが、控除の対象となる寄付の金額には、年収に応じて上限がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android