コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べんざし

1件 の用語解説(べんざしの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

べんざし

九州の海岸部の村で,漁労の指揮者あるいは網元などを指すことばとして伝承されている。主としてハツダ網の指揮者をこう呼んでいるが,熊本県御所浦島では地曳網の頭もベンザシと呼んでいる。一方,長崎県の小浜では,網元をベンザシ,海に出て漁労を指揮する漁労長をオキベンザシと区別して呼んでいる。また種子島では,魚見役(うおみやく)あるいは魚見役を補佐し,率先して漁労に従事する役目のものをベンザシと呼んでいる。また漁労組織とは別に,浜の村の庄屋に当たる者を呼ぶことも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のべんざしの言及

【米良荘】より

…狩りの作法のなかには古式を伝えると思われるものが多く,そのいくつかは〈狩の巻〉または〈西山小猟師一流〉と称する秘伝書に記されたものと共通するところが少なくない。行政上の役人の呼称に中世的名称のべんざし(弁済使)と呼ばれるものがあったのも古い生活の残存を示すといえよう。【千葉 徳爾】。…

※「べんざし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone