指図(読み)サシズ

デジタル大辞泉の解説

さし‐ず〔‐ヅ〕【指図】

[名](スル)
物事のやり方などを指示・命令して人を動かすこと。また、その指示や命令。「指図を受ける」「あごで指図する」
法律用語。
㋐証券上の記載によって、ある特定の人を権利者として指定すること。
㋑甲が乙から給付を受け丙に給付する場合、三者間の支払い関係を簡易にするため、甲(指図人)が乙(被指図人)に指図して丙(受取人)に給付させること。
家の図面。設計図。見取り図。また、地図。
「硯(すずり)引きよせ、家の―を書いて居る」〈浮・一代男・五〉
見積もり。推定。
「今七千貫目持(もち)と世間の―に違ひなし」〈浮・織留・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さしず【指図】

( 名 ) スル
他の者にいいつけてさせること。指示する。 「部下を-して準備する」
〘法〙 証券上に記載することによって、証券上の権利者が自己に代わる特定者を権利者として指定する行為。 → 指図債権指図証券
絵図面。案内図。地図。 「荊軻は燕の-をもち、秦舞陽は樊於期が首をもて/平家 5
見つもり。推定。取りざた。 「五百貫目と脇から-違ひなし/浮世草子・永代蔵 3
指定。名ざし。 「いちやを-いたした/狂言記・水汲新発意」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

指図の関連情報