指図(読み)サシズ

デジタル大辞泉「指図」の解説

さし‐ず〔‐ヅ〕【指図】

[名](スル)
物事のやり方などを指示・命令して人を動かすこと。また、その指示や命令。「指図を受ける」「あご指図する」
法律用語。
㋐証券上の記載によって、ある特定の人を権利者として指定すること。
㋑甲がから給付を受け丙に給付する場合、三者間の支払い関係を簡易にするため、甲(指図人)が乙(被指図人)に指図して丙(受取人)に給付させること。
家の図面。設計図。見取り図。また、地図。
(すずり)引きよせ、家の―を書いて居る」〈一代男・五〉
見積もり。推定。
「今七千貫目持(もち)と世間の―に違ひなし」〈浮・織留・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android