コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほ座(帆座) ほざ Vela

1件 の用語解説(ほ座(帆座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほざ【ほ座(帆座) Vela】

略号はVel。南天の大星座。ギリシア伝説の遠征船アルゴをかたどったアルゴ座プトレマイオスの星表に記載されているが,あまりに広大な天域を占めるので,フランス天文学者N.L.ラカイユによりほ(帆),とも(艫),らしんばん(羅針盤),りゅうこつ(竜骨)の4星座に分割された。ほ座はもとのアルゴ座の東部分を占める。冬の天の川のほぼ中央に位置するが,日本では一部地平線下にかかる。光度2等のλ星以外は目につく星はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ほ座(帆座)の関連キーワードオリオン座ギリシアペガスス座ヘルクレス座鯨座鳩座鳳凰座帆座竜座炉座

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone