コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゴ座 アルゴざArgo

翻訳|Argo

6件 の用語解説(アルゴ座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルゴ座
アルゴざ
Argo

3~4月,南天を大きく占める星座。 N.ラカイユはこの星座をとも座らしんばん座ほ座りゅうこつ座の4星座に分割したので,現在では用いられない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アルゴ‐ざ【アルゴ座】

ギリシャ神話にみえる巨船アルゴにちなんだ南天の星座。あまりに大きすぎるので、竜骨座艫(とも)座帆(ほ)座羅針盤座の4星座に分割された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アルゴ座【アルゴざ】

冬の南天に低く見える星座。ギリシア神話アルゴ船遠征隊にちなむ。たいへん広く大きいので現在は,とも,ほ(帆),らしんばん,りゅうこつの4星座に分割され,アルゴ座は用いられない。
→関連項目とも(船尾)座ほ(帆)座らしんばん(羅針盤)座りゅうこつ(竜骨)座

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルゴざ【アルゴ座 Argo】

ギリシア神話のイアソンの金羊毛獲得の遠征隊を運んだ巨船〈アルゴ〉にちなんだ南天の星座。現在では,この名は使われない。この星座はたいへん大きく広いので,1752年N.L.ラカイユは,これをりゅうこつ(竜骨),とも(艫),ほ(帆),らしんばん(羅針盤)の4星座に分割した。アルゴナウタイ伝説【石田 五郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アルゴざ【アルゴ座】

かつて用いられた南天の星座。ギリシャ神話のアルゴ船をかたどったもの。他の星座に比べて大きいので、一八世紀に、「艫とも」「帆」「羅針盤らしんばん」「竜骨りゆうこつ」の四星座に分割された。日本からは、4月の宵ごろ南天に低く一部が見える。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルゴ座
あるござ

晩冬の宵、南の地平線上低く見える巨大な星座。アルゴはギリシア神話に登場する船の名で、テッサリアの大都イオルコスの王子イアソンが、金毛の羊(おひつじ座)の毛皮を獲得するため、コルキス国に遠征したときの巨船である。この星座はあまりにも大きすぎるという理由から、古代ギリシア時代から、ほ座(帆座)、とも座(船尾(とも)座)、ほばしら座(帆柱座)、りゅうこつ座(竜骨座)の4星座に分割して見られていた。その後、18世紀のフランスの天文学者ラカイユが、ほばしら座をらしんばん座(羅針盤座)の呼び名に改め、それぞれが正式な星座として独立させられ、今日ではアルゴ座とよばれることはなくなっている。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアルゴ座の言及

【とも座(船尾座)】より

…フランスの天文学者N.ラカイユが分割命名した。ギリシア時代にはアルゴ座というギリシア神話のアルゴ船をかたどった広大な星座があったが,あまりに広い天域を占めるので,とも(船尾),りゅうこつ(竜骨),ほばしら(帆柱),ほ(帆)の4部分に分割され,さらにほばしら座はらしんばん(羅針盤)座に変更された。天の川に面し,1942年11月にこの星座に新星が出現し,アルゼンチン,アメリカなどで数人により発見された。…

※「アルゴ座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone