コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みずがめ座 みずがめざAquarius

翻訳|Aquarius

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

みずがめ座
みずがめざ / 水瓶座

秋の宵の南天でかなり広い面積を占める大星座。明るい星が少なく、夜空の明るい場所では水瓶を持つ少年の姿をたどるのは少々むずかしい。黄道十二星座の第11番目で、宝瓶(ほうへい)宮。特徴的な星列はζ(ゼータ)星付近のYの字を伏せたような部分と、みなみのうお座の一等星フォーマルハウトで、水瓶からこぼれ落ちた水がみなみのうおの口に注がれているとみる。歴史的には古くからあり、古代バビロニアの境界石標にもすでにその原形が描き出されている。ギリシア神話では、大神ゼウスの化身したワシにさらわれ、オリンポス山での神々の酒宴の席にはべらされた美少年でトロヤの王子ガニメデスの姿としている。小望遠鏡では、最大の惑星状星雲NGC7293のリング状の姿と、明るい球状星団M2の二つが見ものである。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

みずがめ座の関連情報