もしゃくしゃ(読み)モシャクシャ

デジタル大辞泉の解説

もしゃ‐くしゃ

[副](スル)むしゃくしゃ」に同じ。
「胸の中が―して」〈谷崎・異端者の悲しみ〉
[名]むしゃくしゃ」に同じ。
「夫の腹の底に在る―を殺(そ)いで」〈露伴五重塔
[形動]もじゃもじゃ」に同じ。
「―な父の髪の毛」〈里見弴多情仏心
[アクセント]シャクシャ、はモシャクシャ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

もしゃ‐くしゃ

[1] 〘〙 =むしゃくしゃ(一)③
※咄本・喜美賀楽寿(1777)序「つんとしたる、ぴんとしたるふくれっつら、仏頂頬、小児の泣っつら、一切の腹立、もしゃくしゃしたる心労によし」
[2] 〘名〙 =むしゃくしゃ(三)
※五重塔(1891‐92)〈幸田露伴〉一二「夫の腹の底に在る煩悶(モシャクシャ)を殺いで遣りたさ」
[3] 〘形動〙 髪の毛が乱れたり、不揃いに密生しているさま。もじゃもじゃ。
※多情仏心(1922‐23)〈里見弴〉不良の徒「毛をモシャクシャにして、ガリガリ音がするほど頭の地肌を掻き廻した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android