ものづくり補助金(読み)ものづくりほじょきん

知恵蔵miniの解説

済産業省中小企業庁による中小企業・小規模事業者に対する補助金の一つ。正式名称「ものづくり・商業・サービス革新補助金」。「革新的なサービスの創出」「ものづくりの革新」「共同した設備投資等による事業革新」を対象とし補助金が給付される。「平成26年度補正予算案」(2015年1月)の閣議決定を受け、1次公募が15年2月13日~5月8日まで行われ同年6月に採択事業者を決定。同年9月には2次公募の採択事業者が決定し、予算額に達して申請受け付け終了となった。

(2015-10-2)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際競争力向上や新産業創出を促すため、中小企業の技術革新や新サービス開発を支援する補助金。正式名称は「ものづくり・商業・サービス革新補助金」。「中小ものづくり高度化法」(平成18年法律第33号)などに基づき、経済産業省と中小企業庁が2009年度(平成21)補正予算編成時に創出した補助制度である。試作品や新商品の開発、新サービスの導入、設備投資などを行う中小企業を対象に、かかった原材料費、機械装置費、人件費などの費用の3分の2までを補助する。補助上限は1000万円。ものづくり補助金は工作機械などの設備投資を促す効果が大きく、景気対策の一環として毎年、補正予算編成時に予算規模や補助内容が決められている。このため年度によっては、医療・環境・エネルギーなどの成長分野への補助上限を1500万円まで引き上げたり、小規模事業者向けに700万円の特別枠を設けたりしている。2014年度補正予算には、中小企業が共同体をつくって設備投資をする場合に、補助上限5000万円(1社あたり500万円)の新制度が盛り込まれた。補助対象企業は、2009年度から2014年度までの累計で約3万社に達している。

 ものづくり補助金は通常、補正予算が成立した2、3月から夏場にかけて、数回、申請を受けつける。希望する企業は、地域金融機関、公的支援機関、税理士、弁護士、中小企業診断士などの国が認定する助言機関(認定支援機関)と相談し、事業計画を策定して申請する。申請内容の革新性などを、大学教授ら専門家でつくる評価委員会が査定し、補助対象として採択する。毎年度の予算額を消化した段階で、採択は打ち切られる。2014年度からは、製造業だけでなく、情報通信、サービス、商業などの非製造業も補助対象に含まれている。

[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android