やあやあ(読み)ヤアヤア

デジタル大辞泉の解説

やあ‐やあ

[感]《「やあ」を重ねた語》
男性が軽いあいさつに用いる語。「やあやあ、おめずらしい」
相手に念を押したり、注意をひいたりするために発する語。
「―、それはまことか」〈謡・烏帽子折
応答するときに発する語。
「―、こちのことでござるか」〈虎寛狂・今参
気合いを入れるときなどに発する語。
「もはや堪忍ならぬ。―」〈虎寛狂・水掛聟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

やあ‐やあ

〘感動〙
① 相手に念を押すために、また、相手の注意をひくために発する声。
※虎明本狂言・禰宜山伏(室町末‐近世初)「やあやあそなたはらうぜきな事をめさるる」
② 応答する時にいうことば。
※虎寛本狂言・入間川(室町末‐近世初)「『何ぞおませ度い物じゃが。イヤなうなう』『ヤアヤア』」
③ 喧嘩や相撲などで気合を入れる時に発する声。
※虎寛本狂言・水掛聟(室町末‐近世初)「『もはや堪忍成らぬ。ヤアヤアヤア』と云て組合ひて居る」
④ 男子が用いる軽い挨拶のことば。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報