コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やも ヤモ

デジタル大辞泉の解説

やも[係助]

[係助]《係助詞「や」+係助詞「も」から。上代語》
(文中用法)名詞、活用語の已然形に付く。
㋐詠嘆を込めた反語の意を表す。
「うつせみの世―二行くなにすとか妹(いも)に逢はずて我(あ)がひとり寝む」〈・七三三〉
㋑詠嘆を込めた疑問の意を表す。
「江林(えはやし)に伏せる猪(しし)―求むるに良き白たへの袖巻き上げて猪待つ我が背」〈・一二九二〉
(文末用法)
㋐已然形に付いて、詠嘆を込めた反語の意を表す。…だろうか(いや、そうではない)。
「とこしへに君も逢へ―いさなとり海の浜藻の寄る時々を」〈允恭紀・歌謡〉
㋑已然形・終止形に付いて、詠嘆を込めた疑問の意を表す。…かまあ。→めやも
「あしひきの山の常陰(とかげ)に鳴く鹿の声聞かす―山田守らす児」〈・二一五六〉
[補説]「」は、一説に間投助詞ともいわれる。中古以降には「やは」がこれに代わった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やも

( 連語 ) 〔係助詞「や」に係助詞「も」の付いたもの。上代語〕
文中にあって連用語に付き、文末を連体形で結ぶ。
疑問・反語の意を表す。 「士おのこ-空しくあるべき万代よろずよに語り継ぐべき名は立てずして/万葉集 978
詠嘆の意を表す。 「古いにしえささきし我やはしきやし今日-児らにいさにとや思はえてある/万葉集 3791
文末用法。
活用語の終止形に付き、疑問・反語の意を表す。 「さすたけの大宮人の家と住む佐保の山をば思ふ-君/万葉集 955
活用語の已然形に付き、反語の意を表す。 「安騎の野に宿る旅人うちなびきいも寝らめ-古いにしえ思ふに/万葉集 46

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

やもの関連キーワード寡・寡婦・孀・鰥・鰥夫法親王(ほうしんのう)金言耳に逆らうけむり[煙]動ともするとバランサー動もすると八重雲隠る宮本尚一郎二軒茶屋餅宮本水雲宮本小一寒煙迷離一生懸命少なくももだくだウイドー大騒動万葉集係助詞

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やもの関連情報