コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やも(読み)ヤモ

デジタル大辞泉の解説

やも[係助]

[係助]《係助詞「や」+係助詞「も」から。上代語》
(文中用法)名詞、活用語の已然形に付く。
㋐詠嘆を込めた反語の意を表す。
「うつせみの世―二行くなにすとか妹(いも)に逢はずて我(あ)がひとり寝む」〈・七三三〉
㋑詠嘆を込めた疑問の意を表す。
「江林(えはやし)に伏せる猪(しし)―求むるに良き白たへの袖巻き上げて猪待つ我が背」〈・一二九二〉
(文末用法)
㋐已然形に付いて、詠嘆を込めた反語の意を表す。…だろうか(いや、そうではない)。
「とこしへに君も逢へ―いさなとり海の浜藻の寄る時々を」〈允恭紀・歌謡〉
㋑已然形・終止形に付いて、詠嘆を込めた疑問の意を表す。…かまあ。→めやも
「あしひきの山の常陰(とかげ)に鳴く鹿の声聞かす―山田守らす児」〈・二一五六〉
[補説]「」は、一説に間投助詞ともいわれる。中古以降には「やは」がこれに代わった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やも

( 連語 ) 〔係助詞「や」に係助詞「も」の付いたもの。上代語〕
文中にあって連用語に付き、文末を連体形で結ぶ。
疑問・反語の意を表す。 「士おのこ-空しくあるべき万代よろずよに語り継ぐべき名は立てずして/万葉集 978
詠嘆の意を表す。 「古いにしえささきし我やはしきやし今日-児らにいさにとや思はえてある/万葉集 3791
文末用法。
活用語の終止形に付き、疑問・反語の意を表す。 「さすたけの大宮人の家と住む佐保の山をば思ふ-君/万葉集 955
活用語の已然形に付き、反語の意を表す。 「安騎の野に宿る旅人うちなびきいも寝らめ-古いにしえ思ふに/万葉集 46

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やもの関連情報