コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やらせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

やらせ

マス・コミュニケーションにおいて,過度な演出・演技などによって虚偽の事実を表現しているにもかかわらず,それを隠し,あたかも事実に即しているかのようにみせること。特にテレビ番組(→放送)では視聴率を重視するあまり,行き過ぎた演出が繰り返されてきた。1992年に日本放送協会 NHKが放送した『奥ヒマラヤ禁断の王国・ムスタン』は,そうした視聴率重視の傾向がもたらしたやらせの横行が公共放送の NHKにまで及んだとして,大きな社会問題となった。放送倫理上問題となるやらせに対しては,放送倫理・番組向上機構が放送局に勧告などを行なう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

やらせの関連キーワード電力会社幹部による政治家への個人献金「クローズアップ現代」の過剰演出問題ジョブ・インストラクション(JI)佐賀県主催公開討論会でのやらせプルサーマル討論会のやらせ問題ステルスマーケティング原子力安全・保安院九電の第三者委員会桂 枝雀(初代)インフルエンサープルサーマル計画九州電力の課題嵐小六(初代)北電やらせ問題水族館の飼育員電気事業連合会口コミサイト第三者委員会ビオメハニカ木更津甚句

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やらせの関連情報