コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やんす ヤンス

デジタル大辞泉の解説

やんす[助動]

[助動][やんせ・やんしょ|やんし|やんす|やんす|○|やんせ]動詞の連用形、断定の助動詞の連用形「で」に付く。
尊敬の意を表す。…なさる。
「ほほこれは皆若い衆、寒取前で精が出やんすよ」〈浄・双蝶蝶
丁寧の意を表す。…ます。
「今はかういふ顔がはやりやんす」〈洒・品川楊枝〉
[補説]もと近世前期の上方の遊女語で、後期には一般化するとともに2に限られるようになった。語源については諸説あって、「あります」「やしゃります」「あんす」などの音変化とみる説がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やんす

( 助動 ) ( やんせ(やんしよ) ・やんし ・やんす ・やんす ・○ ・やんせ )
〔近世語〕
活用語の連用形に付く。
尊敬の意を表す。…なさる。 「如何様に言ひやつたてて言ひ負けて居ませうかいの、放しやんせ/歌舞伎・浅間嶽」 「まあ、そんな物、逈つてきやんしよ/浄瑠璃・忠臣蔵」
丁寧の意を表す。ます。 「ほんにこはい夢を見やんした/歌舞伎・心中鬼門角」 「松さきへ上下を二どこいで、堀ゐも二はいあけて来やんした/洒落本・遊子方言」 〔 (1) 語源については、「やしゃんす」から、「やりんす」から、「あんす」からなど、諸説があるが、まだ定説化したものはない。 (2) は上方語で、近世前期には主として遊女が用いたが、後期には一般化した。は上方語・江戸語に用いられている〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

やんすの関連キーワードやしゃんすさしゃんすしゃんすでやんす連用形でやす上方語此方人補説やす滑る

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やんすの関連情報