やんす(読み)ヤンス

デジタル大辞泉「やんす」の解説

やんす[助動]

[助動][やんせ・やんしょ|やんし|やんす|やんす|○|やんせ]動詞の連用形、断定助動詞の連用形「で」に付く。
尊敬を表す。…なさる。
「ほほこれは皆若い衆、寒取前でが出やんすよ」〈双蝶蝶
丁寧の意を表す。…ます。
「今はかういふ顔がはやりやんす」〈・品川楊枝〉
[補説]もと近世前期の上方の遊女語で、後期には一般化するとともに2に限られるようになった。語源については諸説あって、「あります」「やしゃります」「あんす」などの音変化とみるがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「やんす」の解説

やんす

〘助動〙 (活用は、「やんせ(やんしょ)・やんし・やんす・やんす・◯・やんせ」)
[一] 活用語の連用形に付き、尊敬の意を表わす。上方で用いられた語。近世前期には遊女語であったが、後期には一般化している。
※浮世草子・風流夢浮橋(1703)三「こんな所へきやんすは、どふしたこと」
[二] 活用語の連用形に付き、丁寧の意を表わす。上方・江戸ともに使用。
※色茶屋頻卑顔(1698)「もしさけがまいりたくは、かふてきてしんじやんしょ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android