コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ようず ようず

大辞林 第三版の解説

ようず

( 助動 ) ( ○ ・○ ・ようず ・ようず(ようずる) ・ようずれ ・○ )
〔「うず」から生じたもの。中世末期以降の語〕
一段活用・サ行変格活用の動詞およびそれと同型の活用の助動詞の未然形に付く。
話し手の意志を表す。 「一挙に打ち殺してくれようずものを/大淵代抄」 「どりや又うらやましい、夢でも見ようず/洒落本・仮根草」
推量の意を表す。 「ソノ儀ナラバ北面ノトモガラ矢ヲヒトツ射ヨウズル/天草本平家 1」 「おのおのの目にも見ようずるに/捷解新語」 「教おせえたらちつとづつ縫物しごとも出来ようと思つたが、何が出来ようず/滑稽本・浮世風呂 2」 〔中世末期に、推量の助動詞「よう」が助動詞「う」から分化したのと同じ経過で、助動詞「うず」から分化したもの。近世には、主として東国語系の文献に用例がみられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ようず
ようず

近畿・中国・四国などの地方でいわれる風の名で、主として春に吹く、なまぬるい雨もよいの南風をいう。奈良県では頭痛を催すような南寄りの暖気としてこれを表現している。「みなみけ」ともいう。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ようずの関連キーワード烏帽子掛け・烏帽子懸け・烏帽子掛・烏帽子懸手洗い鉢・手洗鉢聞き下手・聞下手聞き巧者・聞巧者姥芽櫧・姥目樫指し手・指手郷ノ浦[町]藍住[町]中原[町]中主[町]池田[町]内海[町]カルダモン勝ちに乗る土庄[町]最手・秀手蹲・蹲踞根本順吉大橋宗桂神社建築

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android