コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うず ウズ

デジタル大辞泉の解説

うず[助動]

[助動][○|○|うず(うずる)|うずる(うず)|うずれ|○]《推量の助動詞「むず」の音変化》動詞・助動詞の未然形に付く。
話し手の推量を表す。…だろう。
「ただいま客人(まらうど)の来うずるぞ」〈平家・一〉
話し手の意志・決意を表す。…しようとする。…しよう。
「自然わたくしの負けたらば弟子にならうず」〈虎明狂・膏薬煉
相手に対する勧誘または婉曲的な命令を表す。…しよう。…してほしい。
「掃除などことごとくせうず。また聟殿のござったらば、こなたへ申せ」〈虎明狂・鶏聟
当然・適当の意を表す。…のはずだ。…のがよい。
「項羽をこそ上将軍とせられうずるに、次将とせられた」〈史記抄・項羽本紀〉
(連体形の用法として)未来のことや仮説について婉曲の心持ちを表す。…のような。→
「我コノ難儀ヲ遁レサセラレウズルコトヲ教ヘマラセウズ」〈天草本伊曽保・イソポが生涯〉
[補説]「うず」は中世の話し言葉として発達し、一時は書き言葉にも用いられたが、江戸時代になってからは、「う」と同様の意味を有するためにしだいに姿を消した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うず

( 助動 ) ( ○ ・うず ・うず(うずる) ・うず(うずる) ・うずれ ・○ )
〔推量の助動詞「むず」の転。中世後期以降の語〕
動詞・助動詞の未然形に付く。
意志・決意を表す。…しよう。 「そちの宗体しゆうていが有難くば弟子にならうず/狂言・宗論」
話し手の推量や想像を表す。…だろう。 「悪イ者ニ遠ザカラズンバ、必ズソノ名モ、ソノ徳モ亡ベウズ/天草本伊曽保」
相手に対する勧誘や婉曲えんきよくな命令を表す。 「いそひでまいらせられうずる/狂言・鈍根草」
当然・適当の意を表す。…のはずだ。…して当然だ。…のがよい。 「公方事をこそ本にせうずるに食を思うはあさましいぞ/毛詩抄 1
(連体形を用いて)未来のこと、仮想されることを婉曲に述べる。 「我コノ難義ヲ遁レサセラレウズル事ヲ教エマラショウズ/天草本伊曽保」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

うずの関連キーワード島根県隠岐郡海士町宇受賀兵庫県南あわじ市福良丙鹿児島県伊佐市大口宮人聞き巧者・聞巧者手洗い鉢・手洗鉢埋け炭・活け炭御数寄屋坊主フーコー電流筆を投げる山の井寿女然もそうず円柱図法千朶積み下沓・襪唐人相撲ずうずう渦動電流御茶坊主上田元作御手水

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うずの関連情報