コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わいの ワイノ

デジタル大辞泉の解説

わいの[終助]

[終助]《終助詞「わい」+終助詞「の」から》活用語の終止形・連体形に付く。感動を込めて念を押す意を表す。…(だ)よねえ。…(だ)よな。
「ほんに目もとが似た―」〈浄・冥途の飛脚
[補説]中世末ごろ以降の語。長音化した「わいのう」の形もある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わいの

( 連語 )
〔終助詞「わい」に間投助詞「の」の付いたもの。近世語〕
文末にあって、詠嘆をこめた確認を表す。「わい」に、さらに念を押す気持ちが加わった言い方。 「おおといへば弟が首が御座らぬ-/浄瑠璃・宵庚申

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

わいのの関連キーワード五十日の餅・五十日の餠二方荒神・二宝荒神福岡県八女市吉田丹後あじわいの郷直仁親王(2)福岡県八女市じゃによって睫を読まれる物部麁鹿火大禍津日神口から高野口は禍の門台詞・科白京極為教禍禍しいしなつく朝鮮演劇料簡尽くきやきや地切り

わいのの関連情報