コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内沙汰(読み)ウチザタ

デジタル大辞泉の解説

うち‐ざた【内沙汰】

事を内々で処理すること。正式の訴訟を起こさずに、内輪で取りはからうこと。⇔表沙汰
「まず―にしてみさっしゃれい」〈狂言記・内沙汰〉
[補説]狂言の曲名別項。→内沙汰

うちざた【内沙汰】[狂言]

狂言。和泉(いずみ)流大蔵流では「右近左近(おこさこ)」。左近の牛に稲を食われた臆病者の右近は、訴訟しようと女房地頭に見立ててけいこをするが、それでもおどおどするので女房にどなられ、結局は夫婦げんかとなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちざた【内沙汰】

うちうちでの処理。 ⇔ 表沙汰 「その儀でござるならば、まづ-にしてみさつしやれい/狂言記・内沙汰」
狂言「右近左近おこさこ」の別題。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android