を見よ参照(読み)をみよさんしょう(英語表記)see reference:see cross reference

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

書誌,目録索引辞書事典などにおいて,統一的,標準的な見出し典拠形アクセスポイント標目へ,それ以外の見出しや標目から,“→”や“~を見よ”などの表現によって導く参照.直接参照ともいう.目録においては,同一著者や著作がさまざまな名称で表現されているとき,一つの形や読みを統一標目(典拠形アクセスポイント)とし,他の形や読みから統一標目へ導くものとして「を見よ参照」を用いる.また,件名では,採択された件名標目に対して,主にその同義語や類義語から「を見よ参照」がなされる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android