を見よ参照(読み)をみよさんしょう(英語表記)see reference:see cross reference

図書館情報学用語辞典 第5版「を見よ参照」の解説

を見よ参照

書誌,目録索引辞書事典などにおいて,統一的,標準的な見出し典拠形アクセスポイント標目へ,それ以外の見出しや標目から,“→”や“~を見よ”などの表現によって導く参照.直接参照ともいう.目録においては,同一著者や著作がさまざまな名称で表現されているとき,一つの形や読みを統一標目(典拠形アクセスポイント)とし,他の形や読みから統一標目へ導くものとして「を見よ参照」を用いる.また,件名では,採択された件名標目に対して,主にその同義語や類義語から「を見よ参照」がなされる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android