コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイトリア アイトリアAitōlia

2件 の用語解説(アイトリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイトリア
アイトリア
Aitōlia

古代ギリシア中部のコリント湾北岸地方。前5世紀まで部族制の村落共同体をとどめる後進地域であったが,アイトリア同盟成立後,勢力を伸長。前 27年アウグスツス帝によりローマの属州アカエアに編入された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイトリア【Aitolía】

ギリシア中西部の地方。アカルナニア地方とともに一県をなし,県都はメソロンギオンMesolóngion(ミソロンギMissolonghi)。アケロオス川とその支流の水力発電アテネへ電力を供給し,肥沃な流域平野部は小麦,オリーブタバコなどを産する。古代にはギリシア世界の他地域に比べ国家の形成が遅れ,前5世紀には非ギリシア語を話す3部族が宗教を紐帯とする結合体を形成していた。前4世紀末にアイトリア同盟を結成して力を高めマケドニアと対立,ローマと同盟を結ぶが,後にローマとも対立し,前189年実質的にローマの支配下に入った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイトリアの関連情報