コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイトリア Aitōlia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイトリア
Aitōlia

古代ギリシア中部のコリント湾北岸地方。前5世紀まで部族制の村落共同体をとどめる後進地域であったが,アイトリア同盟成立後,勢力を伸長。前 27年アウグスツス帝によりローマの属州アカエアに編入された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイトリア【Aitolía】

ギリシア中西部の地方。アカルナニア地方とともに一県をなし,県都はメソロンギオンMesolóngion(ミソロンギMissolonghi)。アケロオス川とその支流の水力発電はアテネへ電力を供給し,肥沃な流域平野部は小麦,オリーブ,タバコなどを産する。古代にはギリシア世界の他地域に比べ国家の形成が遅れ,前5世紀には非ギリシア語を話す3部族が宗教を紐帯とする結合体を形成していた。前4世紀末にアイトリア同盟を結成して力を高めマケドニアと対立,ローマと同盟を結ぶが,後にローマとも対立し,前189年実質的にローマの支配下に入った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アイトリアの関連キーワードピロス(古代ギリシアのエペイロスの王)エリス(ギリシアの地名)アラトス(政治家、将軍)ヘラクレイア・トラキニアアレクサンドロス2世スケルディライダスアンチゴノス3世フィリッポス5世都市同盟(古代)アテネ(ポリス)デメトリオス2世アッタロス1世ケファリニア島フィロポイメンストラテゴスメレアグロスフラミニヌスデイアネイラアカイア同盟ポリビオス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android