コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイマラ族 アイマラぞくAymara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイマラ族
アイマラぞく
Aymara

ペルーとボリビア国境のチチカカ湖周辺を中心に,高度 3500m以上の高原地帯アルティプラノに住む先住民。アンデス地帯ではケチュア族に次ぐ大集団であり,人口約 200万と推定される。 15世紀にインカ帝国の支配下に入って以来,スペイン人の征服と植民地化,現代の近代化とさまざまな文化変容を受けてきた。社会組織は拡大家族から成り,囲いをめぐらした中にかたまって生活している。政治単位はいくつかの拡大家族から成るアイユーと呼ばれる共同体である。元来,農耕民であり,高原に適したジャガイモとキノアのほか,ヨーロッパから渡来したオオムギを栽培する。地味が貧しいためラマ,アルパカ牧畜も重要な生業であり,発達した技法による漁業も行う。独特の衣装は植民地時代の名残りといわれる。大半がキリスト教徒であるが,種々の精霊信仰がみられ,多様な伝統的儀礼を現在も行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アイマラ族の関連キーワードボリビア・モラレス政権エボ モラレスボリビア史サハマ山太陽の島モラレスペルータクナウル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android