コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化変容 ぶんかへんよう acculturation

翻訳|acculturation

4件 の用語解説(文化変容の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文化変容
ぶんかへんよう
acculturation

人工物,習慣,信念などが,文化の異なる人々との接触によって変化する過程とその結果をいう。この用語は 19世紀後半にアメリカの人類学者によって,アメリカインディアンの文化の変容に関して使われ,のちにドイツの学者も使用するようになって,1930年代以降に専門用語として定着した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

文化変容【ぶんかへんよう】

二つ以上の異なった文化が直接に接触することによって,その一つあるいはそれ以上の文化のシステムに変化が起こる現象。文化変容考え方は,北米インディアン等の土着文化が西欧文化と接触するようになって急速に変貌するという事態を背景にして現れてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぶんかへんよう【文化変容】

異なった文化をもつ諸集団が接触した結果、その一方あるいは双方の文化に変化が生じる現象。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文化変容
ぶんかへんよう
acculturation

文化の動態を把握する概念の一つで、文化触変とも訳されている。文化の変化のうちでも、二文化の接触に起因するもの、すなわち異なった文化との、持続的で直接的な接触によってもたらされた変化をいう。伝播(でんぱ)の研究が、従来、文化の個々の要素のみを問題にしていたのに対し、文化変容の研究はより全体的な視点から、これらの受容と統合の過程を問題にしようとするものである。
 文化変容の研究は、白人文化の支配的影響のもとで、急速に変化しつつあった北米インディアンの文化の研究に端を発している。こうした状況はまた、数多くの先住民社会が今日置かれている状況でもあり、今日なお緊急の問題を提供しているのであるが、文化接触一般からみれば、一方から他方への影響のみが問題となる、やや特殊なケースである。文化変容は、その原因となる文化接触のあり方、接触する二文化の内在的な性格などによってさまざまな形をとり、その一般化は容易ではない。たとえば、侵略や征服による接触と、交易による場合とでは大きな違いがあるし、前者の場合でも、接触した集団の規模や技術の発達段階の相違などに応じて異なってくる。またインドのニルギリ地方のトダ、コタ、バダガ、ブルングの各民族間のように、長い接触にもかかわらず文化変容がみられない例もある。
 北米インディアンの研究に端を発する文化変容の研究のいま一つの大きいテーマに、文化変容の過程における個人個人の適応の問題がある。西洋文明との接触以降世界各地でみられた土着主義的運動や千年王国運動も、こうした観点から分析されることがある。19世紀末に北米インディアンの間に急速に広まったゴースト・ダンス(幽霊踊り)という一種の陶酔的な新興宗教は、白人が滅びインディアンだけが生き残る世界の出現を信じるものであったが、文化変容に伴う集団的不適応を示すものとされた。こうした単純な見方には批判も多いが、個人的な不適応の問題は、先住民の間でのアルコール中毒の蔓延(まんえん)といった社会問題や、二か国語教育の是非などの政策上の問題とも結び付いて、今日なお応用人類学的研究の重要な課題の一つとなっている。文化変容の研究は、単に理論的な関心からだけではなく、実際的な問題解決への関心からも、多くの人類学者の関心をひく研究となっているのである。[濱本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の文化変容の言及

【伝播】より

…だから,伝播しやすいと言われる物質文化の要素にしても,生態学的理由,経済的考慮(経費がかかりすぎるなど),既存の価値体系に合うか否か,などの要因によって受容や拒否が決められる。一方の文化から他方の文化への伝播が進行し,後者の文化体系に変化が生じてくる過程は,文化変容(アカルチュレーションacculturation)と呼ばれる。 クローバーが論じたように,伝播のなかに,刺激伝播あるいは着想伝播と呼ばれるものがある。…

【同化政策】より

…一般に,同化とは支配集団と被支配集団との不均等な文化的相互作用,融合作用の過程を意味する。その点で,異質な文化集団との接触によって,その影響下に引き起こされる〈文化変容〉とは異なる。同化政策は,他国家,他民族への征服にともなって,歴史上さまざまな形で部分的には行われてきたが,典型的なものは近代国民国家による植民地経営を契機とする。…

【文化】より

…外部的要因は,外部文化からの異文化要素の伝播による変化の要因である。 文化変容acculturation外的要因による文化変化の一つで,これは〈独立の文化をになう二つ以上の社会が,長期にわたって直接に接することにより,いずれか一方または両方の文化体系に変化を生ずる現象〉をいう。文化変容は,西欧の植民地であった地域において原住民とヨーロッパ人との直接の接触を通じ,とくに原住民の側に見られた。…

※「文化変容」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文化変容の関連キーワード単射異族異文化襟度固持異なるマージナルマングローバル人材人工物認知的人工物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文化変容の関連情報