コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイルランド合同 アイルランドごうどうGreat Britain Ireland Union

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイルランド合同
アイルランドごうどう
Great Britain Ireland Union

1801~1922年まで続いたイギリスとアイルランドの合同。 1782年以降立法上の自治を得ていたアイルランドで,フランス革命戦争下の 98年大反乱が生じた。戦争遂行のためにアイルランド安定は不可欠と考えられ,1800年合同法案が通過し,アイルランド議会は廃止され,アイルランドからもウェストミンスターの議会に代表が選出されることになった。首相ピット (小) は,アイルランド住民中多数を占めながら選挙権しかもたず被選挙権を認められていないカトリック教徒の解放をも考えていたが,国王ジョージ3世らの反対で失敗 (カトリック教徒解放法は 1829年通過) した。 19世紀中葉以降 D.オコンネルや C.パーネルらの指導下に合同撤廃,アイルランド自治を求める運動が展開され (→ホームルール ) ,19世紀末から 20世紀初頭にかけてアイルランド独立運動はイギリス政界の大問題となり,自由統一派の結成など,政界再編に重要な影響を及ぼした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アイルランド合同の関連キーワードグレート・ブリテン王国ユニオン・ジャックアイルランド連盟アイルランド反乱アイルランド史コーンウォリスカースルレーオブライエンピット(小)オコンナーダブリングラタン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイルランド合同の関連情報