アインシュタイン効果(読み)アインシュタインこうか

法則の辞典の解説

アインシュタイン効果【Einstein effect】

アインシュタインの一般相対論に基づいて構築された万有引力理論の予測値と,古典的なニュートン力学での予測値との微少な差の3項目をいう.水星軌道の近日点の移動や,太陽近傍を通過する光線屈曲(皆既日食時において観測された),質量のきわめて大きな恒星から発する光の赤方偏倚などで,実際に観測された結果はほぼ予測を裏づけるものであった.現在ではもはや歴史的な用語となった感があり,通常の学術用語集などではあまりみることはない.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アインシュタイン効果
あいんしゅたいんこうか
Einstein effect

アインシュタインが一般相対性理論によって予言した三つの効果をいう。その三つとは、水星の近日点の前進、太陽の重力場による光線の湾曲、重力場による光の赤方偏移である。観測される水星の近日点移動のうち、1世紀当り43秒角の前進については、ニュートン力学では説明できず残されていたが、一般相対性理論によってみごとに説明され、アインシュタイン理論の正しさを示す一つの根拠となった。一方、太陽の縁をかすめる光線は約1.75秒角だけ内側に曲げられるという予想は、1919年の日食での観測で支持され、一躍アインシュタインの名を高めた。重力場による光の赤方偏移は、今日では地球上の実験で高い精度で検証されている。なお、アインシュタイン効果という用語は歴史的なものとなり、現在は学術用語としては用いられない。[藤本眞克]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android