コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウトライト取引 アウトライトとりひきoutright transaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウトライト取引
アウトライトとりひき
outright transaction

外国為替取引の一方法で,売り買いを単独に行う取引のこと。為替取引の場合,為替変動リスクを極力回避するために,先物の売り買いを条件として直物の売り買いをするスワップ取引が一般的であるが,アウトライト取引は売りあるいは買いをあくまでも単独でする取引。スワップ取引だと買い持ちあるいは売り持ちは生じないが,アウトライト取引だと買いあるいは売り持ちポジションが生じてしまう。銀行間取引の場合,スポット相場での直物為替取引やスワップ取引が中心で,スポットバリュー以降のアウトライト取引はほとんどないといっていい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アウトライト‐とりひき【アウトライト取引】

outright transaction》買い戻しや売り戻しの条件をつけずに、売りまたは買いだけを行うこと。→スワップ取引2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アウトライトとりひき【アウトライト取引】

外国為替かわせ売買の一方式。売り戻し・買い戻しの条件をつけないで、売為替と買為替とを独立して行うもの。売り一方または買い一方の取引。 ⇔ スワップ取引

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアウトライト取引の言及

【スワップ取引】より

…一般の企業も,短期の対外証券投資や外貨借入れなどに際して,為替相場の変動リスク(為替リスク)を回避し,採算を確定するために取引銀行との間でこうしたスワップ取引を行っている。なお,このようなスワップ取引において直物為替取引と反対方向で行われる先物為替取引と区別し,それ自体独立して行われる先物為替の売買を通常アウトライト取引outright transactionという。【河西 宏之】。…

※「アウトライト取引」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アウトライト取引の関連キーワード外国為替相場買為替売為替

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android