コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウロラ アウロラ Aurora

翻訳|Aurora

6件 の用語解説(アウロラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アウロラ(Aurora)

ローマ神話の曙(あけぼの)の女神。ばら色の肌、ブロンドの美女とされ、太陽神アポロンの妹。ギリシャ神話エオスに当たる。オーロラ

アウロラ(Aurora)

ルーマニア南東部、黒海に面する海岸保養地。ジュピテルベヌスの間に位置する。社会主義政権下の1970年代に開発され、近隣のネプトゥンオリンプジュピテルベヌスサトゥルヌとともに、同国有数の保養地群を形成する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アウロラ

エオスローマでの呼び方。
→関連項目オーロラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

アウロラ

《AURORA》イタリアの老舗万年筆ブランド。1919年、トリノで創業。「オプティマ」「88」などのシリーズが有名。また、「アスティル」「テッシー」の両シリーズは、筆記具としては世界で初めてニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久所蔵品となっている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アウロラ【Aurora】

ローマ神話のあけぼのの女神。ギリシャ神話ではエオス。オーロラ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アウロラ
あうろら

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアウロラの言及

【エオス】より

…ギリシア神話の曙の女神。ローマ神話のアウロラ(英語のオーロラ)Auroraにあたる。ティタン神族のヒュペリオンの娘で,太陽神ヘリオスと月の女神セレネの姉妹。…

【オーロラ】より

…1979年3月に木星の近くを通ったボエジャー1号の観測によって,木星にもオーロラがあることが知られている。オーロラは,ローマ神話の夜の星ぼしを追い払う夜明けの女神アウロラAuroraに由来し,中緯度で時たま見られるオーロラが夜明けの光に似ているところから,18世紀ごろからオーロラと呼ばれるようになった。オーロラは古くギリシア時代には“天の洞穴”“天球の割れ目”に燃える火と考えられ,また,中世のノルウェーでは極地の氷や雪が昼間吸収した太陽光を夜間放出しているものと考えられていた。…

※「アウロラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アウロラの関連キーワードエフォリエノルドオリンプサトゥルヌジュピテルネプトゥンベチチベヌスマカルスカママイアキルヨス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アウロラの関連情報