コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アエネアス Aeneas

翻訳|Aeneas

4件 の用語解説(アエネアスの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

アエネアス【Aeneas】

ギリシャ・ローマの伝説でトロイ戦争時のトロイア方の英雄。ローマ建国の祖。アンキセスと女神アフロディテ(ウェヌス)の子。トロイア陥落後、七年の放浪の後イタリアへ上陸しローマの祖市ラウィニウムを建設したという。アイネイアス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アエネアス

ギリシア・ローマ伝説で,トロイアの英雄。ギリシア名はアイネイアスAineiasないしアイネアスAineasアンキセスと女神アフロディテの子。ヘクトルに次ぐ勇将。
→関連項目アフロディテシビュラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アエネアス【Aeneas】

ギリシア・ローマ伝説で,トロイア戦争におけるトロイア方の英雄,またローマ建国の祖。アンキセスAnchisēsと女神アフロディテの子。ギリシア名はアイネアスAineas。ホメロスの《イーリアス》では,彼はヘクトルと並び称される勇将であるだけでなく,トロイア方の武将のうち,神々の庇護の下に,ただひとり戦争を生きのびてトロイア人の新たな支配者となるべき人物と語られている。トロイア陥落後の話はラテン詩人ウェルギリウスの《アエネーイス》にひきつがれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アエネアス
あえねあす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアエネアスの言及

【アエネーイス】より

…古代ローマの詩人ウェルギリウス晩年の作。表題は〈アエネアスの歌〉の意で,トロイアの王子アエネアスがギリシア軍の侵攻の前に落城した祖国を父アンキセスと息子アスカニウスとともに脱出し,波乱万丈の放浪をへてイタリアにローマ帝国の礎となる新国家を建設するまでを,約1万行でうたいあげた建国叙事詩(12巻)である。ホメロスの《オデュッセイア》と《イーリアス》からは多大な影響を受けており,アエネアスの流浪,女王ディドが支配するカルタゴへの漂着,冥界下り等を描いた前半1~6巻は,多くのモティーフの共通性のゆえに〈オデュッセイア的前半部〉と呼ばれ,一方,イタリア上陸後の先住民族との戦闘を描く後半7~12巻は〈イーリアス的後半部〉と呼ばれる。…

【エウアンデル】より

…文字と各種の楽器をイタリアに伝えたほか,牧神パンをたたえるルペルカリア祭を創始したという。ウェルギリウスの叙事詩《アエネーイス》では,ローマ建国の祖アエネアスに援軍の兵を提供している。【水谷 智洋】。…

【ディド】より

…この地で,1頭の牛皮で覆えるだけの地面の譲渡の約束をとりつけた彼女は,機転を働かせて皮を細く糸状に切り,これによって囲める限りの土地を入手,ここを拠点にカルタゴ(セム語で〈新しい町〉の意)を建設した。しかしそこへ,ギリシア軍に滅ぼされたトロイアの英雄アエネアスが漂着すると,女王は彼に恋し,二人は結ばれるが,ローマ建国の祖たるべき運命にあるアエネアスが,神命に従いイタリアめざして船出したとき,彼女は火葬壇に登って生命を絶ったという。この話はラテン詩人ウェルギリウスの叙事詩《アエネーイス》によってよく知られている。…

【トロイア戦争】より

…老プリアモス王をはじめ男たちは殺され,ヘレネは元の夫メネラオスの手に戻されたほか,王妃ヘカベ以下の女たちは捕らえられ,ギリシアの英雄たちの有に帰した(敗戦の惨状についてはエウリピデスの悲劇《トロイアの女たち》《アンドロマケ》《ヘカベ》を参照)。ただアイネイアス(アエネアス)だけは危うく脱出に成功,新天地に新たなトロイアを築くこととなる。後のローマ人はこの伝承を受け継ぎ,新トロイアとはローマのことと解し,アイネイアスをローマ初代の王ロムルスの祖先に位置づけた(ウェルギリウス作《アエネーイス》を参照)。…

【ローマ神話】より

…あるいは対応するものの見いだしがたい神や多くの英雄は,ラテン語化した名称で受容したのであった。前者の例としてはゼウスはユピテルに,クロノスはサトゥルヌスに,ヘラはユノに,アフロディテはウェヌス(ビーナス)に,ディオニュソスはリベルに同一視されたし,ラテン語化による受容の例としてはアポロンがアポロに,アイネイアスがアエネアスとなった。と同時にそれぞれのギリシアの神々について語られた神話をも,ローマの神名に置き換えて受け入れることになった。…

※「アエネアス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アエネアスの関連キーワードアキレウスカルカスパラディオンプリアモスヘクトルヘレノスメネラオスメムノントロイア戦争エウアンデル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アエネアスの関連情報