アオテンナンショウ(読み)あおてんなんしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオテンナンショウ
あおてんなんしょう / 青天南星
[学]Arisaema tosaense Makino

サトイモ科の多年草。球茎があり、葉は1~2枚、葉身は鳥足状に分裂し、小葉の先は細く狭まり、ときにやや糸状となる。花期は5~6月、仏炎包は淡緑色で半透明、先端は細長く伸びて垂れ下がる。付属体は太い棒状で基部に柄がある。四国および瀬戸内海の島に生育する。近畿地方およびその隣接地域には、仏炎包の先端は長く伸びるが全体が紫色を帯び白い筋のあるキシダマムシグサ(ムロウマムシグサ)A. kishidae Makinoがある。[邑田 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android