アカコウモリ(英語表記)Lasiurus borealis

世界大百科事典 第2版の解説

アカコウモリ【Lasiurus borealis】

英名には体色を表すred bat生息環境を表すtree batなどがある。産子数が手類中もっとも多く,が美しい橙赤色の翼手目ヒナコウモリ科の哺乳類。カナダ南部から南アメリカまで広く分布し,森林に生息する。体長5~7cm,前腕長3.5~4.5cm,体重8~13g。耳介の先は丸くて,比較的短く,翼が細長く,が長い。腿間膜(たいかんまく)の上面にも長毛が生える。多くのコウモリと違って,雌雄毛色が異なり,雄の体背面は美しい橙赤色か赤褐色のそれは淡黄灰褐色。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアカコウモリの言及

【アブラコウモリ】より

…東アジアの人家にすむ小型のヒナコウモリ科の哺乳類(イラスト)。イエコウモリ,アカコウモリ,アブラムシの別名がある。国外では中国,朝鮮半島,台湾,国内では本州から奄美大島,琉球まで分布する。…

※「アカコウモリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android