コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アギアトリアダ修道院 アギアトリアダシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

アギア‐トリアダ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【アギアトリアダ修道院】

Moni Agias TriadasΜονή Αγίας Τριάδας》ギリシャ中部、テッサリア地方のメテオラにある修道院。14世紀に修道士ドメティウスにより建造。15世紀に改築された。高さ565メートルの岩山の頂に位置し、麓の町カランバカからトレッキングコースで結ばれる。内部の教会には17世紀から18世紀頃に描かれた壁画がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

アギアトリアダしゅうどういん【アギアトリアダ修道院】

ギリシア北西部、テッサリア地方の北端、カランバカ(Kalambaka)郊外の奇岩の山中にある、ギリシア正教の修道院群メテオラ(Meteora)の、現存する6つの修道院のうちの一つ。カランバカは、首都アテネから列車で4時間半ほどの場所にある(交通の便はよくない)。カランバカからは、急峻な山地を徒歩で約30分ほどの道程になっている。至聖三者(アギアトリアダ)に捧げられた修道院で、1458~1476年にかけて修道僧ドメティウスにより創建された。◇日本では「至聖三者修道院」とも翻訳されている。四方を断崖絶壁に囲まれた岩山の頂上に建っている。1925年に下から修道院へ登るための階段が設けられるまでは、梯子(はしご)や巻き上げ機が用いられていた。なお、メテオラは世界遺産(複合遺産)となっている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

アギアトリアダ修道院の関連キーワードアギアトリアダ大聖堂アギウパウル修道院アギウパブル修道院アギウパンテレイモノス修道院アギウパンテレイモン修道院アギオスステファノス修道院アギオスニコラオスアナパフサス修道院アギオスニコラオス修道院イビロン修道院エスフィグメヌ修道院

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android