コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アギオスディミトリオス教会 アギオスディミトリオスキョウカイ

2件 の用語解説(アギオスディミトリオス教会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アギオス‐ディミトリオス‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【アギオスディミトリオス教会】

Agios DimitriosΆγιος Δημήτριος》ギリシャ北部の港湾都市テッサロニキの市街中心部にあるギリシャ正教の教会。テッサロニキ守護聖人ディミトリオスが殉教した場所に、5世紀に建造。1916年に火災に遭ったが、焼け残った資材を利用して再建された。祭壇下のクリプト(地下室)にはディミトリオスが幽閉された古代ローマ時代の浴場の遺構が残る。同国最大級のバシリカ式聖堂であり、初期ビザンチン建築の代表例として知られ、1988年に「テッサロニキの初期キリスト教ビザンチン様式の建造物群」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

アギオスディミトリオスきょうかい【アギオスディミトリオス教会】

ギリシア北部、中央マケドニア地方の中心都市テッサロニキ(Thessaloniki)にある、ギリシア正教会教会堂バルカン半島では最も歴史の古い式教会堂の一つである。テッサロニキで生まれた聖ディミトリオスに捧げられた聖堂として、4世紀初頭から建設が始まったといわれる。その後7世紀と1917年に火災で焼失した。現在の建物は1948年に修復・再建されたもので、ビザンチン様式が融合した、ギリシア最大の初期キリスト教(バシリカ様式)の建物になっている。1996年、世界遺産に登録されている。◇アギオスディミトリオス聖堂(教会)は、東ローマ帝国やギリシア正教会の影響下にあった各地にある。なお、この建物は世界遺産(テッサロニキの初期キリスト教とビザンチン様式の建造物群)の一部となっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アギオスディミトリオス教会の関連キーワードテッサロニキΑιγαίΆγιον ΟροςΈδεσσαシトニア半島ΔίονΠέλλαΒέροιαマケドニア広場カイロネイアの戦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone