アクチノン

百科事典マイペディア「アクチノン」の解説

アクチノン

ラドン同位体219Rnの旧称。Anとも表す。半減期3.92秒。アクチニド元素(アクチノイドから89番のアクチニウムを除いた14元素)をアクチノンと呼んだこともある。
→関連項目エマネーション

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「アクチノン」の解説

アクチノン

〘名〙 (actinon)
アクチニウム系列に属する気体放射性核種記号 An 質量数二一九・〇一。八六番元素ラドンの同位体で 219Rn とも書く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「アクチノン」の解説

アクチノン(actinon)

アクチニウム系列に属する気体の放射性核種。記号 An 質量数219.01。86番元素ラドン同位体219Rn とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「アクチノン」の解説

アクチノン【actinon】

アクチニウム系列に属する気体放射性核種で,ラドンの同位体の一つである219Rnをかつてこのように呼んだ(記号An)。アクチニウムエマネーションactinium emanationともいう。また,アクチニド(アクチノイドから89番のアクチニウムAcを除いた14元素)をアクチノンと呼んだこともある。【中原 勝儼】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアクチノンの言及

【ラドン】より

…またラムゼーはグレーR.W.Grayとともに比重の測定からそれまでに知られた最も重い気体であることを示し,ガラス管中で気体を液化するとリン光を発するのでラテン語のnitere(輝く)にちなんでニトンnitonと呼ぶことを提唱したが,1923年国際会議でラジウムから変脱生成するものということからラドンの名称が採用された。天然には,219Rn(アクチノンactinonともいい,Anと書く。アクチニウム系列),220Rn(トロンthoronともいい,Tnと書く。…

【エマネーション】より

…エマナチオンともいう。天然に存在するものはラドンの同位体222Rn(ラドン),220Rn(トロン),219Rn(アクチノン)であり,その他人工的につくられたアルゴンの同位体37Ar,41Ar,クリプトンの同位体87Kr,キセノンの同位体133Xe,135Xeなどがそうである。キュリー夫妻は放射能の研究中,ラジウム化合物の周囲の空気が放射性を示すことに気づいたが,E.ラザフォードはこれが希ガス元素に属する放射性気体によるものであることを確かめ,これをラジウムエマネーションとよんだ(のちに,ラジウムから変脱生成するものだということでラドンの名称が与えられた)。…

【ラドン】より

…またラムゼーはグレーR.W.Grayとともに比重の測定からそれまでに知られた最も重い気体であることを示し,ガラス管中で気体を液化するとリン光を発するのでラテン語のnitere(輝く)にちなんでニトンnitonと呼ぶことを提唱したが,1923年国際会議でラジウムから変脱生成するものということからラドンの名称が採用された。天然には,219Rn(アクチノンactinonともいい,Anと書く。アクチニウム系列),220Rn(トロンthoronともいい,Tnと書く。…

※「アクチノン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android