コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクチビン アクチビン activin

3件 の用語解説(アクチビンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクチビン
アクチビン
activin

細胞成長因子のうち,中胚葉を誘導する機能をもつ蛋白質をいう。 1990年横浜市立大学の浅島誠教授らによって報告された。濃度が高いアクチビンは脊索や筋肉を,低いものは間充織や体腔上皮を誘導するほか,各細胞内でも濃度によって異なる遺伝子が活性化されるといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アクチビン

 卵胞刺激ホルモン分泌促進タンパク質ともよばれ,この活性以外にも多くの生理活性を示す.下垂体に多いが,その他の臓器でも遺伝子が発現している.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アクチビン【activin】

卵巣や精巣より分泌されるタンパク質ホルモンの一。卵胞刺激ホルモン分泌の促進、両生類の胚における中胚葉誘導などの活性を有する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクチビンの関連キーワード中胚葉上皮成長因子成長因子増殖因子上皮細胞成長因子神経成長因子上皮成長因子受容体表皮成長因子インスリン様成長因子結合タンパク質血小板由来増殖因子

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アクチビンの関連情報