コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクチビン activin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクチビン
activin

細胞成長因子のうち,中胚葉を誘導する機能をもつ蛋白質をいう。 1990年横浜市立大学の浅島誠教授らによって報告された。濃度が高いアクチビンは脊索や筋肉を,低いものは間充織や体腔上皮を誘導するほか,各細胞内でも濃度によって異なる遺伝子活性化されるといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

アクチビン

 卵胞刺激ホルモン分泌促進タンパク質ともよばれ,この活性以外にも多くの生理活性を示す.下垂体に多いが,その他の臓器でも遺伝子が発現している.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アクチビン【activin】

卵巣や精巣より分泌されるタンパク質ホルモンの一。卵胞刺激ホルモン分泌の促進、両生類の胚における中胚葉誘導などの活性を有する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アクチビンの関連キーワードインヒビンSMAD両生類精巣卵巣

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android