アクチビン(英語表記)activin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アクチビン」の解説

アクチビン
activin

細胞成長因子のうち,中胚葉を誘導する機能をもつ蛋白質をいう。 1990年横浜市立大学の浅島誠教授らによって報告された。濃度が高いアクチビンは脊索筋肉を,低いものは間充織や体腔上皮を誘導するほか,各細胞内でも濃度によって異なる遺伝子が活性化されるといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典「アクチビン」の解説

アクチビン

 卵胞刺激ホルモン分泌促進タンパク質ともよばれ,この活性以外にも多くの生理活性を示す.下垂体に多いが,その他臓器でも遺伝子が発現している.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android