コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグリッピナ[大] Vipsania Agrippina Major

1件 の用語解説(アグリッピナ[大]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アグリッピナ[大]【Vipsania Agrippina Major】

前14ころ‐後33
ローマ初代皇帝アウグストゥスの孫娘。M.V.アグリッパとアウグストゥスの娘ユリアの間に生まれ,ティベリウス帝の養子ゲルマニクスと結婚。夫の,ゲルマニアや東方への遠征に同行したが,19年のシリアでの夫の急死をティベリウスによるものと疑い,彼と対立。やがて皇帝の地位をうかがう野心家の親衛隊長セイアヌスにより,2人の息子と共に反逆の罪を着せられ,彼女は29年ナポリ沖合のパンダテリア島に流された。31年にティベリウスがセイアヌスを粛清した後も追放を解かれず,33年食を断って死ぬ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アグリッピナ[大]の関連キーワードトリールアウグストゥスオクタビアヌスパクスローマーナ文帝アウグストゥス神殿アウグスブルクアウグスブルクの和議カエサラウグスタ劇場フェスティーナレンテ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone