アグリッピナ[大](英語表記)Vipsania Agrippina Major

世界大百科事典 第2版の解説

アグリッピナ[大]【Vipsania Agrippina Major】

前14ころ‐後33
ローマ初代皇帝アウグストゥスの孫娘。M.V.アグリッパとアウグストゥスの娘ユリアの間に生まれ,ティベリウス帝の養子ゲルマニクスと結婚。夫の,ゲルマニアや東方への遠征に同行したが,19年のシリアでの夫の急死をティベリウスによるものと疑い,彼と対立。やがて皇帝の地位をうかがう野心家の親衛隊長セイアヌスにより,2人の息子と共に反逆の罪を着せられ,彼女は29年ナポリ沖合のパンダテリア島に流された。31年にティベリウスがセイアヌスを粛清した後も追放を解かれず,33年食を断って死ぬ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android