アグルビチヤヌ(英語表記)Agârbiceanu, Ion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アグルビチヤヌ
Agârbiceanu, Ion

[生]1882.9.12. チェナデ
[没]1963.5.28. クルジュ
ルーマニアの小説家。ブダペストで神学を学び,農村で司祭となり,その間に見聞した農民,金山の鉱山労働者たちの生活を多くの短編,長編小説に描いた。代表作,長編『肉体の掟』 Legea trupului (1912) ,『大天使たち』 Arhanghelii (14) ,短編集『二つの愛』 Douǎ iubiri (10) ,回想記『幼年時代から』 Din copilǎrie (56) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android