コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグルビチヤヌ アグルビチヤヌ Agârbiceanu, Ion

1件 の用語解説(アグルビチヤヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アグルビチヤヌ
アグルビチヤヌ
Agârbiceanu, Ion

[生]1882.9.12. チェナデ
[没]1963.5.28. クルジュ
ルーマニアの小説家。ブダペストで神学を学び,農村で司祭となり,その間に見聞した農民,金山の鉱山労働者たちの生活を多くの短編,長編小説に描いた。代表作,長編『肉体の掟』 Legea trupului (1912) ,『大天使たち』 Arhanghelii (14) ,短編集『二つの愛』 Douǎ iubiri (10) ,回想記『幼年時代から』 Din copilǎrie (56) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アグルビチヤヌの関連キーワードツェナーダイオードN撫で肩ヘテロジェナイティー撫で撫でカフェなびミクロントジェナスクラストジェナスチェナーブ[川]フェナーズビット (fener's bit)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone