コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグレ アグレ Agre, Peter

2件 の用語解説(アグレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アグレ
アグレ
Agre, Peter

[生]1949.1.30. ノースフィールド
アメリカの化学者。 1974年にジョンズ・ホプキンズ大学医学部を卒業,ノースカロライナ大学などで研修,研究ののち,1981年に母校に戻り,1993年に生化学の教授となる。 1988年,赤血球の研究をしていたアグレは役割不明の蛋白を発見し,その後この蛋白が細胞に水を通す通路であることを証明した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アグレ
あぐれ
Peter Agre
(1949― )

アメリカの生化学者。ミネソタ州ノース・フィールドに生まれる。オーガスバーグ大学で化学を学び、1970年に卒業、ジョンズ・ホプキンズ大学医学部に進み、1974年博士号を取得した。ノース・カロライナ大学で医学研究員を務めたのち、ジョンズ・ホプキンズ大学に戻り、1984年医学部の教職につき、1993年生化学教授となった。なお、2002年(平成14)に来日し、各地で講演を行っている。
 血液や腎臓(じんぞう)の研究を行っていたが、1991年に赤血球の膜タンパクが水チャンネルであることを発見した。水チャンネルは、水を選択的に通す細胞膜タンパクで、従来は水が細胞膜を拡散作用によって通過すると考えられていたため、この発見は画期的なものであった。水チャンネルはアクアポリンと名づけられ、その後、多くの種類のアクアポリンが発見されている。この業績により、2003年のノーベル化学賞を、カリウムイオンを通すチャンネルを解明したマキノンと同時受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アグレの関連キーワードフィールドノートサービスフィーアイスフィールド近畿クラブスフィーダToffyノートノースフライトプラスフィールラフィノースノースフィールド岩グーフィースタンス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アグレの関連情報