コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサ科 あさか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アサ科
あさか
hemp family
[学]Cannabidaceae

双子葉植物、離弁花類。つる性の多年草または直立する一年草。葉は単生または掌状複葉で托葉(たくよう)がある。雌雄異株。雄花は、5枚の花被(かひ)と、それと対をなす5本の雄しべからなる。雌花は、1本の雌しべが1枚の大きな包葉に包まれ、花被は目だたない。果実は痩果(そうか)。2属3種あり、日本にはカラハナソウが野生するほか、ホップとアサが知られる。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアサ科の言及

【タイマ(大麻)】より

…中央アジア原産のアサ科の一年草(イラスト)。古い時代から繊維を採るために栽培されてきた。…

※「アサ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アサ科の関連キーワード大麻と米国の大麻法制カナムグラ(葎草)季節性アレルギークジャクチョウメンツェーリアタイマ(大麻)シータテハカナムグラヤエムグライラクサ科アサ(麻)アカタテハキタテハロアサ大麻草ホップ山崎アサ

アサ科の関連情報