コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシナガバエ long‐legged fly

1件 の用語解説(アシナガバエの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アシナガバエ【long‐legged fly】

双翅目アシナガバエ科Dolichopodidaeに属する昆虫の総称(イラスト)。その名のとおり,脚が非常に長い。触角の形態などから,短角亜目,直縫群に含まれる。成虫は,小型のものから10mmを超えるものまである。翅脈と翅の斑紋が種によって特徴的である。雄の触角と外部生殖器も非常に特徴がある。体は,ふつう光沢ある緑色または青色であるが,褐色または黄色がかった種もある。成虫の生息場所は種々さまざまで,森林内の下草の上,倒木の幹上,樹幹,渓流の石上やその付近の草上,海岸の泥地,砂地,しぶきのかかる岩礁などに生息する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アシナガバエの関連キーワード牛蠅刺蠅肉蠅縞蠅虱蠅蚤蠅羊蠅

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone