コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシル

2件 の用語解説(アシルの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アシル

カルボン酸のカルボキシル基−COOHから水酸基を除いた残基RCO−をいう。たとえばアセチル基CH3CO−,ベンゾイル基C6H5CO−など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アシル【acyl】

カルボン酸から水酸基-OHを除いて得られる基の総称。一般にRCO-で表す。芳香族カルボン酸から得られるものをアロイルaroylと呼ぶこともある。シュウ酸などの二塩基酸から導かれる2価の基もアシル基の一種である。アシルの名称は相当する酸名の語尾を〈オイルoyl〉に変えて命名する。ただし表に示す例のように語尾が〈イルyl〉で終わる慣用名も多い。【竹内 敬人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アシルの関連キーワードアシル基カルボン酸ジカルボン酸助色団水酸化物水酸基オキシカルボン酸酸基カルボン酸エステラーゼジカルボン酸尿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アシルの関連情報