コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシル

百科事典マイペディアの解説

アシル

カルボン酸のカルボキシル基−COOHから水酸基を除いた残基RCO−をいう。たとえばアセチル基CH3CO−,ベンゾイル基C6H5CO−など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アシル【acyl】

カルボン酸から水酸基-OHを除いて得られる基の総称。一般にRCO-で表す。芳香族カルボン酸から得られるものをアロイルaroylと呼ぶこともある。シュウ酸などの二塩基酸から導かれる2価の基もアシル基の一種である。アシルの名称は相当する酸名の語尾を〈オイルoyl〉に変えて命名する。ただし表に示す例のように語尾が〈イルyl〉で終わる慣用名も多い。【竹内 敬人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アシルの関連キーワードカルボン酸縮合酵素アミノ酸カルボキシ基ヘパリン脱水縮合アミノ酸アミノ酸オキシダーゼ加水分解イオン(原子)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アシルの関連情報