コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア経済協力機構 アジアけいざいきょうりょくきこう Organization for Asian Economic Cooperation

1件 の用語解説(アジア経済協力機構の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジア経済協力機構
アジアけいざいきょうりょくきこう
Organization for Asian Economic Cooperation

略称 OAEC。 1961年国連アジア極東経済委員会 ECAFE (現 ESCAP) 事務局が打出したアジア諸国間の経済協力機構構想。当時世界各地で活発に進んでいた地域経済ブロックの形成に刺激され,アジア地域でも域内貿易を盛んにし,低開発国の近代化を進めるため,なんらかの機構の設立が望ましいとの見地から,ECAFE加盟 18ヵ国に対して OAECの設立を提唱した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジア経済協力機構の関連キーワード東南アジア条約機構アジア太平洋経済社会委員会アジアダラーアジアハイウエーアジアンポップスECAFEESCAPUNAFEIアジア極東経済委員会アジア・ハイウェー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone