コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アステロキシロン Asteroxylon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アステロキシロン
Asteroxylon

シダ植物古生マツバラン綱に属するデボン紀の植物。地下茎は径1~5mmで,茎には気孔を有し,径 1mmないし 5cmに及び,針状鱗片を有する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アステロキシロン【Asteroxylon】

約3億7000万年前のデボン紀のイギリス,ライニー・チャート層からライニアなどとともに産出する古生ヒカゲノカズラ目の植物化石。現生のヒカゲノカズラに似た外形を示し,茎には放射中心柱をもつ。葉は維管束をもたないので真の葉とはいえない。以前はライニアなどとともに古生マツバラン類とされていたが,現在では古生ヒカゲノカズラ類とされている。【浅間 一男

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アステロキシロンの関連キーワードライニー植物群リニア類シダ植物

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android