アストリュク(英語表記)Astruc, Alexandre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アストリュク
Astruc, Alexandre

[生]1923.7.13. パリ
[没]2016.5.19. パリ
フランスの映画監督。1940年頃から詩や文芸評論,映画評論を書く。エッセー "Naissance d'une nouvelle avant-garde: la caméra-stylo"(1948)で唱えた「カメラ=万年筆説」は,のちのヌーベルバーグの作家たちに大きな影響を与えた。1945年映画界に入り,中編『恋ざんげ』Le Rideau cramoisi(1953)を発表,『不運なめぐり逢い』Les Mauvaises Rencontres(1955)でベネチア国際映画祭の新人監督賞を受賞。1967年再び評論活動に戻った。おもな作品に『女の一生』Une Vie(1958),『感情教育』L'Éducation sentimentale(1962)などがある。レジオン・ドヌール勲章を受章。

アストリュク
Astruc, Zacharie

[生]1835.2.8. アンジェ
[没]1907.5.24. パリ
フランスの彫刻家,画家。彫刻の主要作品はリュクサンブール庭園の『仮面をもつ商人』。印象派の画家たちと交遊し,1874年の第1回印象派展にも出品。モネの熱心な支持者として美術史上重要であり,彼の肖像彫刻も残している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android