アスファルトコンクリート(英語表記)asphalt concrete

世界大百科事典 第2版の解説

アスファルトコンクリート【asphalt concrete】

砂,砂利,砕石などから成る骨材,および少量の石粉類(フィラー)にアスファルト乳剤を加えて加熱混合したもの,またはこれを締め固めたものをいう。アスコンとも略称される。主として道路の舗装に用いられ,このほか堤防護岸などの表面の防水にも利用される。最近では安定性,耐久性を増すため,少量のゴムや樹脂の混合も研究されている。舗装【長滝 重義】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アスファルトコンクリート【asphalt concrete】

高温に熱したアスファルトと砂・砂利・砕石などの骨材を混合したもの。道路舗装に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アスファルト‐コンクリート

〘名〙 (asphalt concrete) アスファルトと、砂、砕石、砂利などの骨材とを加熱混合した道路の舗装材料。道路の基層、表層などに敷き、ローラーでかためる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android