コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスファルトコンクリート asphalt concrete

デジタル大辞泉の解説

アスファルト‐コンクリート(asphalt concrete)

砂・砂利などに、結合材としてアスファルトを加熱混合したもの。道路舗装用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アスファルトコンクリート【asphalt concrete】

砂,砂利,砕石などから成る骨材,および少量の石粉類(フィラー)にアスファルト乳剤を加えて加熱混合したもの,またはこれを締め固めたものをいう。アスコンとも略称される。主として道路の舗装に用いられ,このほか堤防護岸などの表面の防水にも利用される。最近では安定性,耐久性を増すため,少量のゴムや樹脂の混合も研究されている。舗装【長滝 重義】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アスファルトコンクリート【asphalt concrete】

高温に熱したアスファルトと砂・砂利・砕石などの骨材を混合したもの。道路舗装に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アスファルトコンクリートの関連キーワードほ装工事(建設業許可の一種)アスファルト舗装ロックフィルダムコンクリート舗装・鋪装高温

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アスファルトコンクリートの関連情報