コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨材 こつざいaggregate

翻訳|aggregate

7件 の用語解説(骨材の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

骨材
こつざい
aggregate

セメントと混ぜてコンクリートモルタルなどをつくる充填材。天然骨材,人工副産骨材,人工骨材がある。天然骨材には砂,砂利,海砂などの河川骨材,岩石を破砕した砕石骨材,軽石,火山礫砂などの天然軽量骨材がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こつ‐ざい【骨材】

セメントに混ぜて、コンクリートモルタルを作る補充材料。砂・砂利・砕石など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

骨材【こつざい】

モルタルやコンクリートに使用される砂・砂利・砕石等の粒状の材料。軽量骨材として火山灰・火山礫(れき)等が,人工骨材として石炭殻フライアッシュ等が使用される。鉄筋コンクリート用の骨材には塩分を含むものを避ける。
→関連項目コンクリート玉石

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こつざい【骨材 aggregate】

モルタルまたはコンクリートあるいはアスファルトコンクリートを作るために,セメントおよび水と,あるいはアスファルト乳剤と練り混ぜる砂,砂利,砕砂,砕石,その他これに類似の粒状の材料。コンクリート中の65~80%の容積を占め,いわばコンクリートの骨組みの役割を果たしているところからこの名がある。所要の品質のコンクリートを経済的に得るため,一般に骨材に必要とされる性質として,硬くて強固であること,重量が適度であること,物理的に安定で耐久性が大きいこと,粒形が立方体または球に近いこと,大小の粒の混合状態が適当であること,清浄で有害物を一定量以上含まないことなどがあげられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こつざい【骨材】

モルタルまたはコンクリートを作るとき、セメントに混ぜる砂や砂利などの総称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

こつざい【骨材】

モルタルやコンクリートを作るときに、セメントや水と練り混ぜる砂や砂利などの総称。コンクリートの耐久性を左右するもので、砂・砂利とも粒がそろっていて塩分を含まないものが良質とされる。

出典|講談社
家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

骨材
こつざい
aggregate

モルタルまたはコンクリートをつくるとき混合する砂、砂利、砕石などの材料。増量材の一種であるが、コンクリート中に占める割合が70~80%にも達するので、骨材の性質がモルタル、コンクリートの性質を左右する。使用される骨材の種類は多岐にわたっている。普通骨材は一般コンクリートに用いられる比重が2.5~2.7程度のものである。軽量骨材は軽量コンクリート用骨材で、比重が2.0以下で天然のものと人工のものとがある。重量骨材放射線遮蔽(しゃへい)用の比重2.8以上の重い骨材である。[西岡思郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の骨材の言及

【コンクリート】より

…広くはセメント類,石灰,セッコウなどの無機物質やアスファルト,プラスチックなどの有機物質を結合材として,砂,砂利,砕石など(これらを骨材という)を練り混ぜた混合物およびこれが硬化したものをいう。結合材の種別によりセメントコンクリート,アスファルトコンクリートなどに分類され,また骨材の種類,練混ぜ方,運搬方法,施工方法などによってもさまざまな呼名がある。…

※「骨材」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

骨材の関連情報