アセチルアセトン錯体(読み)あせちるあせとんさくたい(英語表記)acetylacetone complex

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アセチルアセトンCH3COCH2COCH3が金属イオンとつくる錯体。アセチルアセトンにはエノール形とケト形の互変異性体があり、エノール形になると一つの水素原子を失い、二つの酸素原子によって二座配位子としてほとんどすべての金属イオンとキレートをつくる。金属の原子価や配位数によって各種の形式のキレートをつくる。
 アセチルアセトンが1個の水素原子を失った配位子名はアセチルアセトナトであり、acacのような略号が常用される。これらはいずれも非電解質の分子性錯体であり、きわめて安定なため、固体を熱すると多く昇華して気体とすることができる。融点は低く、常温で液体の場合もあり、有機溶媒に溶けるが、水に難溶性のものが多い。昇華しやすいため、ガスクロマトグラフィーその他、広く分析に用いられる。
  [M(acac)]
   (M=Li,Na,K,Ag,Au)
  [M(acac)2]
   (M=Be,Mg,Cu,Zn,Cd,Hg)
  [M(acac)3]
   (M=In,Co,Cr,Mn,Fe,Ce,Ta,La,Nd,Sm)
  [M(acac)4]
   (M=Ce,Th,Zr)
 単一なアセチルアセトンの錯体ではなく混合配位子の錯体として、そのほか、たとえば
  [M(acac)2(H2O)2]
   (M=Co,Ni)
  [M(acac)(en)2]X2
   (M=Co)
  [M(acac)Cl4]
   (M=Sb)
  [MCl2(acac)2]
   (M=Sn)
などのような化合物もある(enはエチレンジアミン)。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android