アセチルコエンザイムA(読み)アセチルコエンザイムエー(英語表記)acetyl coenzyme A

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アセチルコエンザイムA
アセチルコエンザイムエー
acetyl coenzyme A

アセチル補酵素A。アセチル CoAとも書く。生体内で糖質,脂質,アミノ酸などの代謝過程の出発点となる重要な中間代謝物質で,コエンザイムAとアセチル基がエネルギーに富んだチオエステル結合をしている。ドイツの F.リネンによって酵母から単離され (1951) ,構造が明らかにされた。これより先,アメリカの生化学者 F.リップマンは,解糖系で生じたピルビン酸が呼吸のクレブス回路に流入するとき活性型酢酸となることを示唆していたが,その正体がアセチルコエンザイムAだったのである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android